読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JUNSスタジオ機材検証・ハンドマイク編


とりあえず主なハンドマイクが、これで揃いました。



NT3/N/D767a/e965/e935/KMS105/M80/enCore300/AE5400/enCore200/AKG535/Bate87A/57A/58A



今回は、全体に国内正規代理店経由で入れてみました。



自己満足だがノイマンのカードはかっこいい。



ちゃんと偉そうだ。



作りはしっかりしている。



ダイアグラムは3/4インチかな。



風防は3重、先ずは薄い布でカプセルを覆う。



メッシュボールは複雑な二重構造。



メッシュの中にメッシュボールを組み込んでいる。



機能的なマイクケース、マイマイクとして持ち歩くのに便利に出来ている。
この辺のつくりはちゃんとブランドしていて、所有欲を満足させる。



かつてノイマンと双子だったテレフケン、こちらもモノとしての作り、存在感は強烈。



桜の木で作られたボディはズッシリと重い。



ダイナミックなので裸にしても中身は見慣れたいつもの形だ。



高音が伸びるようでハウリングマージンは大きくない、声量のある人でないと力が出にくい。



アメリカンな男のマイクか・・・