読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JUNSスタジオ機材検証(マイク・ショックマウント編)

上海問屋の怪しいショックマウントを驚異的な安さに惹かれて買ってみたが、果たして使えるのか。




塗装は安物ぽいですが作りはしっかりしています。




いくつかのマイクには使用できることがわかりました。




箱を開けると説明書も何もなくこれが入っています。




通常のマイクをグリップするタイプではなく、底からねじで立たせるタイプです。




親切なものだと、このねじが外せるようになっていて、
数種類のマイクにあった大きさのねじ止めが付いてくるのですが、
今回のものはねじを取り外すこともできないので、買う人は いちかばちか です。




RODEノイマン等は駄目でしたが、いくつかねじがあうマイクを見つけました。




キャノンのオス周りのねじ径ですべてが決まります。AKGaudio-technicaのような、ねじがそもそも無いものには当然使えません。




結局使えたのは、Seide PC-ME/MXL 770・V67/べリンガー C-3・C-1Uです。
Blue もねじ径は合うのですが最後まで締めきれずグラグラします。




これはRODE NT2A純正、作りは上海問屋と変わりません。ねじ径が違うだけです。
RODEノイマンは同じメーカーでもマイクごとにねじ系が違うので流用できません。
後ろのリフレクションフィルターは別に買ったもの。上海問屋のは机に置くタイプでスタンドには付けられないようです。




VOXGUARDのリフレクションフィルターは1万円くらい、鉄とか使ってないので軽いのが良いです。




ライブな場所では、これだけで ずいぶん音がしまります。