読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Core i7-980X オーバークロックに挑戦!! 驚異的な実力!!

JUNSで4.7GHzにチューニングしたCore i7-980Xは
Sandraの評価テストでは現行のCore i7-975の倍以上
16万もしたCore2Quad-9770の3倍の処理能力を示し
最新のCore i5-670 3.73GHzとなら6倍も違う

まだつかみきれていないが発熱は小さい
クロックにはかなりの余裕があるが
4.6GHzを超えると突然気難しくなる

まだ5GHzをあきらめたわけではないが
6Corex12スレッドを4.6GHzで駆動させると
完全に体験したことのない強烈な力を見せ付けられ
これ以上のクロックを望む心が消えてしまいそうになる

以下はあくまでJUNSでチューニングした
4.7GHzのCore i7-980X でのスコア
ノーマルのままのCPUを搭載した
980XのPCとはまったく別のものとして見てください



VANTAGEのCPUスコアが7万を超えている



CINEBENCHのマルチコアレンダリング
なんと36449という見たことのない数値



新しいCINEBENCHのランキングでは
現在最高のXEONを2個搭載したマシンを押さえて一位の座を獲得した

まだつかみきれていないから
Core i7-980Xの力はさらに高いものに届くと感じる

次はTMPGEncなど実際のソフトを使用して
エンコードの時間などを計ってみたい

人によっては10万なんていう値段が安すぎると怒り出すほど
とんでもない実力を持ったCPUに間違いない
しかもこれからさらにさらに完成度を高め
5GHz以上を常用とする時期も遠くないだろう

とにかく明日も
つづける