読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「最強 PhotoShop CS4 マシン(メモリ32GByte/8Core/CUDA/超静音)を作る」続報


なんだか2月はとても慌ただしく
一ヶ月もブログの更新が滞ってしまいました
1月の次が3月では情けないのでギリギリ写真撮りを行いやっとの
「最強のPhotoShopマシン(メモリ32GByte/8Core/CUDA/超静音)を作る」前編の続報掲載であります
「超巨大画像に挑戦・64Gbyte SuperPhotoShop 」完成編 は こちら



DualXEON & FB-DIMM 12スロットマザーはとにかく巨大で
サンウェイさんから「規格外なので専用ケースにしか入りませんよ」
と聞いていましたが、何とかミーちゃんの匠の技により
SuperPC F38SX と同じThermalTake のケースを改造して収まりました
まだ計ってはいませんが今までで一番重いマシンのような気がします

1000KW電源(発売時は1200W)に
システム+リムーバブル+ワーク用高速RAID0 8個 + 保存用RAID1 2個
合計12個の3.5インチHDDが入っています



最初は2.5インチを12個使って済ませるつもりでしたが
このケースは巨大なマザーを入れた後にも
3.5インチを12個も飲み込めるので
少しでも速い方が良いと思い強力な仕様で行きました
一人では持ち上げるのがやっとというヘビー級マシンです





しかしテストの結果は伊達ではなく
その重さに値するスーパーパワーになっています

Mac vs JUNS ガチンコ対決 基本能力の巻
の時と同じテストを行うと
5D MarkII で撮影した2100万画素のデータをCMYK16bitに変換した後340dpi/1.5x2.2メートル/6億画素変換は
JUNS-SuperPSマシン 9秒
JUNS-Pro 11秒
MAC-Pro 61秒
ですが
更に10GBを超える画像を扱う場合を考え CMYK16bit/2.5x3.75メートル/33,465x50,197=16億画素=12GB への変換には
JUNS-SuperPSマシン 28秒
MAC-Pro 316秒
と10倍を超える差が出ました
全面にアンシャープマスクをかけた場合は
JUNS-SuperPSマシン 80秒
MAC-Pro  413秒
と少し差が縮まりますが
全面にトーンカーブをかけると
JUNS-SuperPSマシン は少し待てば帰ってきますが
MAC-Pro は永遠に帰って来ないかのように数十分以上かかります

JUNS-SuperPS は3.0GHzQuadCoreXEONx2+32GB
MAC-Pro は2.8GHzQuadCoreXEONx2+16GB
とハード的には極端な違いは無いはずなのですが
MACは16GBメモリを積んでもOSXが通常のアプリには4GB迄しか与えられないため
そこで大きな差が出てくるようです

拡大して細かなペンやスタンプをしている分には極端な差は感じないのですが
フィルターのたぐいを行うとMACではどんなにメモリを積んでも3GB程度の画像が限界です

正確に言うとこれはMACというより32bitの限界であって
WindowsVistaマシンでも32bitならMAC-Proと同じ速度しか得られないでしょう



27GBもPhotoshopにメモリを割りあてることはOSXには不可能です
UNIXのアプリならOSXでも16GBまで使える様ですが
いわゆるMAC用アプリは32bitでしか書けない、つまり実質的にOSXは32bitOSな訳です
高いお金を出して16GBもメモリを積んだことが悔しいですが
まあ4GBを超えるような画像を扱う機会は普通には有りませんから
ポスターとか雑誌とかの作業をされているプロの方に限定された問題かも知れません



そこでプロが使うとなればどれほど速くても色が正確で無ければ仕事にならない
このへんのカラーシンクまで正確に行える環境を出来るだけ安く実現できないかと思い
NTSC比100%モニタ+キャリブレータ+JUNS PhotoShopマシンを限定で販売したいと思っています
今 i1やらMunkiそしてSpyderStudioとPX-7500でテストして
速くてまともな色を扱えるシステムを構築中です

フラグシップの JUNS-SuperPS32GB からお求め安い JUNS-ProPS まで
速さと色を一貫したシリーズを考えています

XEON-EPが4月には出てきますが
PhotoShopではメモリの量が最も重要で
FB-DIMMからDDR3に変わるXEON-EPは極端に高価な上に
当面は24GBどまりな様なので
とても安くなったFB-DIMMで行くのがベスト

PhotoShopが重くてお困りの方は
お気軽にJUNSまでご相談下さい

http://www.juns.jp/

                                                                  • 追記

3月3日 XEON-EP DP MAC PRO 発売されましたね
Plus 以来 新型が出るたび何台もMacを買ってきました
特に68040のQuadraとG4への思い入れが強いです
Quadraは100万くらいハードに投資し(メモリだけで数十万円しましたから)
ソフトもDAWやPhotoShop2.0/Quark/PageMaker/Directorなど100万以上投資しましたが
楽しくて楽しくて、五十時間 Quadraを触って 十時間寝て また五十時間 Quadraを触る
一週間くらいそれを繰り返しました
PowerPC604とNikonE2とPM-700をボンネットに入れて
何ヶ月かスペインを旅したこともありました
今はiPhoneがいつもポケットに入っていますが
先日押入れに死んでいたG4-MacMiniを取り出してOSX10.5とiLife/Work09/Officeをインストールしたら
一生懸命動いてくれるのでなんだかとても愛おしく感じました
あと同じ日に1TのTimeMachineが一度も実行されることのないまま昇天されました

2.8G-QuadCore-Xeon-DP の MacProは仰天する安さだったので直ぐに買って16GByteメモリ追加しました
今回もCore-i7 920クラスの2.66GHz-Xeon-EP-DP と思いこみ即購入のつもりでいましたが
2.2GHz では DP でも 3.6GHzのi7に勝てないのが目に見えているし
2.9GHzではめちゃくちゃ高くなり、とても飛びつく魅力がない
それではシングルCPUなら安いかと思うと
考えればCore-i7と全く同じものだからでさらに買う必要がなく
VGAが9600GTクラスというのもお粗末にすぎる
期待していただけに残念・・・

しかし今日は待望のSONY-EX1 が届きます
久しぶりの業務用カメラなのでとても楽しみです!!