JUNS Blog

JUNS株式会社の公式ブログです。主に開発・新製品や企業活動についてのあれこれ。

ATEM 4M/EにLiveCAMを食わせてみたら!(@神田ヒマナイヌスタジオ)

Facebookのネット配信部というグループの主宰者で、LiveCommandのユーザーでもあるヒマナイヌの川井さんとBlackmagicDesignさんの企画、「ATEM 4M/E お触り会」に参加してきました。

最大20系統のSDI入力を食い倒し、SuperSourceや複数のレイヤーで、いろんな画面構成を作って遊んでみようということで、うちのLiveCAM61を3名連れて参戦。

f:id:SuperPC_JUNS:20180329200005j:plain

開催場所は、神田のヒマスタ(ヒマナイヌスタジオ)
弊社の山中は何度か遊びに行っているようですが、私は初めて伺わせていただきました。
クラフトビールマーケットが近くにあって、素晴らしく良い立地です!


f:id:SuperPC_JUNS:20180329214550j:plain

4M/Eと LiveCAM

f:id:SuperPC_JUNS:20180329201006j:plain

オペレーションは、Blackmagic JAPAN営業のアライさん。(ガッキー好き)

f:id:SuperPC_JUNS:20180329202905j:plain

みんなで持ち寄ったカメラやHyperDeckからの録画データを12系統ほどつっこみましたので、ATEMの背面はこのような状態になっております。
配信アルアル。

f:id:SuperPC_JUNS:20180329200832j:plain

ATEM 4M/Eの機能は、説明しだすとすごく長くなりそうな予感がしますので、また次回ということにさせていただいて。。
個人的には、クロマキーの抜き具合を今までは手動で細かく調整していく必要があったのが、4M/Eでは抜きたい場所をトラッキングして ある程度 自動でいい具合の抜け加減を作ってくれるのがいいなと感じました。このあたりの自動認識機能は、今後ますます加速するんでしょうね。素晴らしいことです。

なお、気になるLiveCAMとATEM 4M/Eの相性については、まったく問題ありませんでした。一発でHD-SDI(59.94i)信号を食っていただき、ほっと一安心。

f:id:SuperPC_JUNS:20180329195907j:plain

イベントでは、LiveCAMの紹介も少しさせていただきました。

参加者のお兄さんにモデルになっていただき、Canon G20の映像に、LiveCAMのカラーコレクション機能を使用して、色を近づけているところ。
プロジェクターに移っているプログラム画面の右上が G20、左の絵がLiveCAMです。

f:id:SuperPC_JUNS:20180329223334j:plain

SONYやパナ、CanonJVC、BMDなど、メーカーによって、カメラの色味は若干異なるため、生の絵をそのまま使用するライブ配信の現場では、なかなか異なるメーカーのカメラを投入するのが難しいのが実情です。
そこで、LiveCAMの開発で最もこだわったのがカラーコレクション機能。(※カメラのみでは細かい色調整は行えません。オリジナルコントローラが必要となります)
他メーカーのカメラになるべく近づけて同じようなルックを作ることができます。
これはBlackmagicさんもこだわっているところですね。

撮影後の編集フローでは、DaVinciなどを使用してLogデータから好みのルックを作っていくグレーディング編集が徐々に浸透してきましたが、ライブ配信でもそういった遊び方をできてもいいんじゃないか(例えば、夜中のちょっとお色気な番組だったら、ピンク寄りのルックにしていくとか)とは弊社の山中談。

SDI出力がついたリモートカメラで158,000円という低価格が先行していますが、このあたりのこだわりについても、もっとユーザーさんにお伝えすべきなのだなぁと反省しました。新年度の最重要課題とし、今度はヒマスタでJUNS LiveCAM お触り会を開催できればなぁ、と思っています。

f:id:SuperPC_JUNS:20180329201102j:plain


新しい機材にわくわく。みなさま、ほんとに良い顔してます。

f:id:SuperPC_JUNS:20180329220322j:plain

 なお、既存のATEM 2 M/E Broadcast Studio 4Kは、ATEMソフトウェア 7.3アップデートで4 M/Eと同等の機能にすることができます。
(が、フロントパネルのモデル名は 2M/Eのままなので、テプラで変更してください!とのことでしたw)

ATEM Production Studio 4K | Blackmagic Design

ヒマナイヌスタジオ : himag

 

f:id:SuperPC_JUNS:20180330192608j:plain


sudo

SONY PS4 & Apple TV 4K/HDR を楽しむためのOPTIMAN!

f:id:SuperPC_JUNS:20180206120838j:plain

発売から5年。
銅線の4.7mという制約を超え 最長100mまでの長さを信号の減衰なく送る光HDMIケーブル「OPTIMAN」は
4KやHDRなど高精細な映像を使用するシーンが徐々に増えてきたこともあり、最近ではリピート購入も多くいただくようになりました。

しかし、ハンドシェイク(僕はこういうものです、という自己紹介的な信号)等の一部の信号で、どうしてもスムーズにやり取りを行えない組み合わせがあるというHDMIの宿命を避けて通ることはできません。
なんだか人間みたいですね。

各メーカーからも4K/HDRに対応した製品が続々と出てくる中、ホームシアター系のプロジェクターや映像機器系はほぼ問題のないOPTIMANですが、個人的にも最も期待していたSONYPlaystation4 にOPTIMANの現行モデルが対応できないという事実が発覚。。orz...

HDでは問題ありませんが 4K/HDRではモニター側がシグナルを受け付けてくれません。
開発チームにも確認し検証を続けたところ、PS4apple製品(の多く)は、HDMIにのせられる電圧が他の機器と比較して少し低いことが発覚。

(appleよ、おまえもか。)

f:id:SuperPC_JUNS:20180207141341j:plain

そのため、このようなUSB端子から電力を補助するコネクタを使用すると、映像を表示できるようになります。

OPTIMANを、常に異なる機器の接続で使用する レンタルや、イベント現場などでしたら、こういったアクセサリを活用するのもありだとは思うのですが、PS4だけで使う!appleTVだけで使う!という場合には、ちょっと気持ち悪い感じもします。

というわけで、低めの電圧を想定し送電線を特別に太くしたOPTIMANつくりました。

f:id:SuperPC_JUNS:20180207192430j:plain

こちらは、送電線の関係で 長さ10mまでのラインナップとなりますが、引き回しの距離が10m内に収まり、PS4で4K/HDRのゲームをとにかく速く!減衰なく!表示させて遊びたい!または、apple TV 4Kで4K/HDRの映像をとにかく美しく!表示したいという方にはお勧めです。

 

f:id:SuperPC_JUNS:20180206121410j:plain

PS4で4K/HDR対応のゲームををテスト中、(決して遊んでませんよ、決して夢中になってませんよ)

f:id:SuperPC_JUNS:20180206113843j:plain

f:id:SuperPC_JUNS:20180206121119j:plain

f:id:SuperPC_JUNS:20180206121439j:plain

HDRの衝撃って、Canonの5D MarkⅡの映像を初めて見た時の衝撃にちょっと似ているような気がします。
初代プレステで寝れないくらいにはまったバイオハザードとは偉い違いです。(年がバレる)

ゲーム機やプレイヤー、AVアンプ、プロジェクターを新調される際には、ぜひケーブルも光に変えてみてはいかがでしょうか。
「長さ」という実用性ももちろんですが、減衰のない美しい映像描写に一役買うこと間違いなしです。

ハンドシェイクの相性については自社でのテストや、お客様からのフィードバックも元に検証済みの機器をサイトに掲載していますが、掲載されていない製品をご使用の方やご不安な方はデモ機もご用意していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

4K HDR、最新のHDMI2.0a準拠!光HDMIケーブル OPTIMAN 4K HDMI2.0a|JUNS(ジュンズ)



sudo

LINEの無料グループ通話はインカムの代わりになるか?!

JUNSで毎月1度インターネットライブ配信を行っている音楽番組「宍戸留美×津田大介 Oil in Life
ほぼリハなしの生放送のため、スイッチャー、カメラ、ディレクター、配信テクニカルの本番中の意思疎通が重要となります。

そのために必要不可欠なのがインカム。
JUNSでは、放送開始よりずっとPROTECHのインカムを使用してきました。

f:id:SuperPC_JUNS:20180118181418j:plain

BNCケーブルを直列につないでいくだけで全員での同時通話が可能となり非常にシンプルで使いやすい機材なのですが、撮影スペースが4m*4mという超コンパクトサイズのため、カメラやマイクなどのケーブル引き回しと合わせ、ケーブル地獄になることがネック。
動き回る必要のあるカメラマン同士が、ケーブルにつながれた状態で右往左往しなければならないのも、準備や撤収の時間がその分増えるのもストレスでした。

ワイヤレスのインカムも電波帯や価格など諸々の問題があり、もう少しお手軽に代用できるものはないだろうかと考えていて、(一気にお手軽な方向に転びましたが)LINEの無料グループ通話を試してみることにしました。

f:id:SuperPC_JUNS:20180118181229j:plain

スタッフのスマホに、市販の片耳ヘッドセットを接続。

【実際に使ってみてよかった点】
・ケーブルレスなので動き回りやすい。
・とにかく簡単。スマホがあればいい。
・誰かが欠落する、通話が切れるなどのトラブルはなかった。(今回は5名で使用)

【実際に使ってみて、ちょっとな という点】
・自分の声が聞こえない
 (インカムは自分がしゃべった声もヘッドホンから聞こえるのですが、電話なので当然自分の声は聞こえない。これが慣れるまで気持ち悪かったです。あと本当に自分の声が送られているのかわかりづらい)
・マイクが周辺音をひろいすぎる
 (ライブ中は音楽を拾ってしまうため、実際の音とヘッドホンからの少しずれた音が重なって気持ち悪い感じになりました)

【結果】
トークイベントや座談会スタイルの番組内容で、省スペース・ミニマムオペレーションの現場であれば、実用に値するという印象です。


人数が少ない現場なので、とにかく時間や物理的な質量を軽減したい!
あるものは使う!ないものは作る!の精神で、来月も引き続き、模索の上 こちらでレポートできればと思います。

f:id:SuperPC_JUNS:20180117212835j:plain


この日のライブ・ゲストは大森洋平さんと上田健司さん。
アーカイブは下記よりご覧いただけます。

www.youtube.com

sudo

玄光社「小型映画」に馳せる思い

かつてビデオと違い、8ミリは編集することがわりと当たり前だった。時間があたりのコストが高かったし、一巻で3分しか撮れないから、誰もが真剣かつ工夫を凝らして撮影した。
そんなマニアが必ず愛読していたのが「小型映画」という月刊誌だった。70年代末の自主制作映画ブームの時期、僕も、毎号、擦り切れるまで読んだものだ。

f:id:SuperPC_JUNS:20171220191705j:plain

「小型映画」の名に相応しい、ゴダールが愛用したフランス製のボリュー。今見ても美しいカメラだが、カメラは映画という芸術の一員だったから、美しさは必然だった。
フィルムカメラは表現の手段。つまり、ペンやギターの様に、持ち歩き、自分の芸術を高める為のものなのだ。

f:id:SuperPC_JUNS:20171220191623j:plain

しかし、ビデオカメラに押され、82年10月に「小型映画」は休刊し、役目は「ビデオサロン」に受け継がれる。
休刊号には佐藤忠男さんが「いまや小型映画はエリートの手に託された」と言った文を寄稿されていて、当時はよく意味が分からなかったが、あれから35年経って、8ミリが生み出した作家の数を見ると、その通りだったのかもと、思ったりもする。

残念ながら、僕は映画で成功することは出来なかったが、「小型映画」の直系である「ビデオサロン」に多くの機材を紹介して頂ける(零細だけど)映像機器メーカーを作れた。

f:id:SuperPC_JUNS:20171220190138j:plain


人生は不思議だ。自主制作映画少年だった頃は商売人になるなんて思ってもなかった。
それは、ガロにのめり込んでいたら、漫画家にはなれなかったけど、青林堂の社長になっていたのと何処か近い。
「小型映画」や「ビデオサロン」を出版している玄光社が「北原白秋」から生まれて、社長さんは今も北原さんだというのも何となく凄い。

かつて所有していたボリューやキャノンたちが今もいればと思ったりするが、実は大きすぎて処分もされなかった、35mm映画カメラはまだ3台も手元にあったりする。


そのうちアリフレックスIICはそれなりに美しいし、キューブリックが生涯愛し続けたカメラだったりするので、こんど倉庫から出して磨いてみようかと思うが、倉庫の中に無かったらと思うと、怖いから、実行できない。あれは、あるはずなんだけど、どうかなあ、、、
http://kubrick.blog.jp/archives/52151574.html


LiveCAMコントローラとLiveCommandの同期モデルをInterBEE2017に出展!

InterBEE 搬入があと2日に迫った。

f:id:SuperPC_JUNS:20171111184958j:plain


このところ体調を崩して怠けていたが、土日で奇跡のLiveStudioハードウェア版を作っている。ソフトウエア版と違って、クラウドの映像をバシバシスイッチング出来るヤツ。

既存の各コントローラーも連携して動くようにI2Cで結んで便利にした!
リモートカメラコントローラーでカメラを選ぶとATEMのプレビューに選択されて使い勝手が良い。

f:id:SuperPC_JUNS:20171112140056j:plain


いつもスイッチャーとリモートの二つのボタンで頭が混乱したが、ライブコマンドのボタンだけで済む。

f:id:SuperPC_JUNS:20171112140142j:plain


今日は更に沢山のデコーダーをつなげる。このちっちゃいarduinoはARMでシリアルが6個にI2Cが2個もある。

f:id:SuperPC_JUNS:20171112140213j:plain

ギリギリで新しい事はしないという大人ではないので、このマイコンを使うことにする、締め切りは明日だ!

ラズパイ とか素晴らしいけど、立ち上がるのが遅くて、それが嫌い。PC6001から始めたマイコン人生だ、OSなんてなくても良い。1秒で立ち上がってくれなきゃ。

f:id:SuperPC_JUNS:20171112140400j:plain



動画とかは無理だけど、音はそれなりに扱えるみたい。検索しても、日本語のブログとかが全くないのも良い。Aruduinoの環境で動くようだ。コントローラー系はこれで行くことにしよう!



国際放送機器展 InterBEE 2017
11月15日(水)~17日(金)
みなさまのご来場をお待ちしております。

http://www.inter-bee.com/ja/
JUNSブース: ホール4 ブースNo.4106